車体のキズや事故歴はきちんと報告を

中古の車両を売却しようという時、専門の業者はその状態をしっかりと確認して値段をつけます。基本的な料金は車種と年式で大体決まりますが、これはあくまでも無事故無修理の場合の料金であることが一般的です。そのため車両を売却しようとする時は傷の有無や事故歴についてはしっかりと申告しておくことが必要になります。

 
もしもこのような事故歴や傷を申告しなかった場合はどうなるでしょうか。一般的には中古車は次の持ち主にわたるわけですが、当然購入前に綿密に確認を行います。その時にトラブルにならないより買取業者がしっかりと確認をするものなのです。もしもキズの等の申告をしなかったとしても、業者はその専門性から可能性を知ってしまいます。外側から見てもわからないという修理は沢山ありますが、内側から見ると直した形跡が残っているということはよくあるのです。この様な事実があれば買い手側の業者も売り手が場美化を隠していると考え、高い料金での買取に慎重になるかもしれません。そうなると高い料金での売却が難しくなるのは自然な流れです。中古車売買も信頼関係でやっていますので、真実を申告して妥当な金額での売買が成立するようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。