ローンが残っている車は売却できる?

車を購入して、その車の購入資金を銀行や金融機関から融資を受けて購入している場合の車を売却するには、融資の残債を清算して、車の所有権を自分に切り替えてからの売却することが基本となるのですが、まだ返済中の車を売却するには、車検証の所有者の名義が自己所有名義や家族名義になっている場合は、印鑑証明や委任状、譲渡証明書があれば、名義変更が可能で売却することができます。しかし家族名義の場合は、名義者本人が所有者となっていますので、売却の意思を確認する必要があり、銀行や消費者金融で車購入の融資を受けている場合は、名義が自分になっていても必ず相談することが必要となります。

 
売却予定の車の名義がクレジット会社や自動車販売店になっている場合は、所有権留保となっていますので、返済をしている会社から承諾を得る承諾手続きが必要になり、この手続きによって承諾を得ることができれば、所有権留保を解除することができ売却することが可能になりますが、基本として残債を清算、処理することが前提となりますので、承諾を得られず、所有権留保を解除できないケースもありますが、このケースの場合はローンを組み替えて残債を清算するなどの方法があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。