中古車査定に必要な書類

中古車を売却するためには、用意しなければいけないものがたくさんあります。普通自動車の場合は車検証、印鑑登録証、自賠責保険証書、自動車税の納税証明書が必要なほか、預託済みであればリサイクル券も準備しておかなければいけません。またこの際に車検証に掲載されてある住所と印鑑登録証の住所が異なる場合は住民票が、結婚で姓が変わっている場合は戸籍謄本が必要になります。なお軽自動車の場合は普通自動車と少し異なり、印鑑登録証は用意する必要がありません。

トマト
これらの必要書類のほかに、中古車を売却する際に備えておけば査定金額にプラスに影響するものがあります。たとえば純正部品を外して社外品を取り付けた場合は、純正品と共に取り扱い説明書も保存しておけば査定額がプラスされます。これは次のオーナーが装備品の使い方を知る上で非常に役に立つからです。もちろん保証書も備えておけばさらに査定に良い影響を与えます。また点検、整備をおこなった際の整備点検記録簿もきちんと保管しておくことが大切です。これらは査定対象の車がどのような整備を受けてきたのかを証明するものであり、その車を購入する次のユーザーにとっても安心材料の一つになることから、プラス査定の対象になるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。