車検が切れている車はどう扱う?

車検が切れている車は当然ですが公道は走れませんから、レッカーなどで陸運局に運んで検査を受けるか、陸運局の指定を受けた検査ができる場所で点検の上で検査を受けるという流れになります。検査証の更新には陸運局に書類の提出が必要になりますので、その間はまだ検査証がないので公道を走ることはできません。ドリンク01
自動車税の完納証明についてですが、検査が切れて久しい自動車については県税事務所などが課税を保留していることがあります。その場合、保留している税金分も含めてすべての自動車税を完納した後に完納証明書を発行してもらう必要があります。この分自動車税の負担は重くなりますから、検査が切れた自動車にあってはいったん抹消登録をして、その後中古車新規登録を行った方が、書類の取り寄せの手間はかかりますが、結果的に税金の負担が少なくて済む場合があります。
なお、検査の期間が3年以上経過している自動車は、陸運局からその所有者に当てて職権抹消しますよという通知が行きます。もしここで異議申し立てをしなかった場合にはそのまま職権抹消されてしまいますが、名義上抹消されるだけなので、再度中古車新規登録を行えば公道を問題なく走ることができることになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。